SHOP

ELECOMの店舗

立ち止まらずにはいられない、
ekimo梅田の「ELECOM DESIGN SHOP」

  • 雑貨店かと思ったら、それがエレコムショップ。

    地下鉄御堂筋線の梅田駅、中央改札と南改札をつなぐ通路に十数軒の店舗が並ぶ「ekimo梅田」。大勢の人が慌ただしく行き交うこの「ekimo梅田」の中に「エレコムデザインショップ」はあります。2017年6月にオープンしたこの店舗は、黄色を基調にした明るいイメージで楽し気な雰囲気が目を惹く存在。様々な商品が並ぶカラフルな品揃えに「いったい何の店なんだろう?」と興味をそそられ、つい立ち止まりたくなるお店です。店内にはスマホケースや充電器、ケーブル、イヤホンといったお馴染みのエレコム商品に加え、バッグや低周波治療器など、「これもエレコムの商品だったの!?」と驚かされるような品々がいっぱい。個性的なイラストが描かれたPOPも楽しく、なんだか雑貨店にいるようなワクワクした気持ちになれます

  • click
    pop作者社員
    コメント

  • 思いがけない出会いにワクワクが止まらない。

    エレコムと言えば、マウスやキーボードなどのパソコン周辺機器メーカーという印象が強いと思いますが、エレコムショップに入ると実に多彩な商品を発売していることがわかります。家電量販店に行った場合、目的の商品カテゴリーがあるコーナーしか見ないので、エレコムブランドの一部の商品しか知らない人がほとんどではないでしょうか。ここではカテゴリーの全く違う商品が同じスペースに並んでいるので、興味を持ったことのない商品もつい手に取ってしまいます。「何か面白いものが見つかりそう」と思わせる、おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさです。エレコムは新商品の発売サイクルが早いため、店内の商品が入れ替わる速度も早い! だから、立ち寄るたびに品揃えが変わっていて、何度訪れても飽きることがありません。老若男女、いろんな人が来店しているのもうなずけます。

  • 見て、触れて、体験できる! 会話が弾む!

    エレコムショップで気になる商品が見つかったら、まずはスタッフに声を掛けてみてください。店内にある商品は、どれもパッケージから出して触れることができ、体験することだって可能です。話題のハイレゾ対応イヤホンの音質を聴き比べたり、電気の刺激で身体を引き締めるEMSパッドを腕につけて試したりしながら、納得できるまで商品のことを説明してもらえるのは、エレコムショップならではの魅力。商品知識豊富なスタッフが揃っていて、ユニークな使い方やリアルな体験談なども聞かせてくれます。目的が無くふらりと立ち寄っても、いろんな商品を手に取って眺めているだけでも楽しめます。エレコムショップに行けば、「ライフスタイル・イノベーション」をテーマに掲げるエレコムブランドの懐の深さを肌で感じられるはず。次はどんなユニークな商品に出会えるか? そんな期待とともに、ぜひ足を運んでみてください。

  • click
    店舗スタッフ
    コメント

×

エントリーはこちら

クスッと笑ってしまうようなPOPでお客様の心をつかみたい。

エレコムショップのクオリティを崩したくないから、POPは全店共通。
デザインの勉強をしてきた私は、接客だけでなく、店内にあるPOPの制作も担当しています。国内のエレコムショップは大阪に3店舗、名古屋に1店舗の合計4店舗展開していますが、全店でPOPのテイストを統一することがショップブランディングでは重要だと思い上司に相談したところいいアイデアだと認められ、データ配信の環境を整えてもらいました。今ではすべてのPOPをデジタルで制作して各店にデータ配信しているため、同じクオリティの売場を維持することができます。デジタル制作ですが、サインペンで描いたようなアナログ感を大切にしています。

POPのアリ・ナシで、お客様の動きが目に見えて変わる。
POPの役割は、お客様に立ち止まっていただくこと。だから、遠くからも目を引くように文字や絵の大きさ、色などを考えています。商品パッケージに足りない色をPOPに使って売り場を華やかにしたり、アイキャッチになるキャラクターを描いたり‥‥。お客様の反応を見ながら、同じ商品でもPOPはどんどん改良していきます。POPを付けたことで、今まで目立たなかった商品が急に売れることもあり、その変化がおもしろいんですよ。

商品特長を伝えながらも、ユーモアのエッセンスをプラス。
POP制作でこだわっているのは、お客様を笑わせること! 商品を擬人化したり、ゆるキャラで機能を伝えたりして、クスッと笑っていただけるものを目指しています。POPを見て笑っているお客様がいたら、「これ、私が描いたんですよー」と話しかけたりして、セールストークもスムーズにできます。最近よく描いているお気に入りのゆるキャラは、お客様の反応もいい感じです。最初は、「少しふざけすぎたかな?」とも思ったのですが、採用してもらえて店頭で活躍しています。これからも商品の魅力を伝えつつ、ちょっと笑えるPOPを目指して、まだまだ腕を磨いていきたいです。

×
スタッフの声

販売スタッフ O.Mさん
お客様それぞれの異なるニーズに応えたい。若い方からかなり高齢の方まで、エレコムショップを訪れるお客様の年齢は様々。同じ商品でもお客様によってニーズも様々です。そのため、お客様が知らない使い方なども紹介しながら、ライフスタイルをイメージできるような利用提案をするように気をつけています。エレコムショップの魅力は、ケーブルや充電器から、イヤホン、ヘルスケア用品、バッグまで多種多様な商品を扱っていることです。イヤホンを手にしたお客様がヘルスケア用品も購入する、ということもあるので、ジャンルの違う商品について次々と説明できるように頭を切り替えるのが難しいところ。でも、そこが接客のおもしろさでもありますね。お客様の気持ちを理解した対応で信頼感を持っていただき、エレコムを好きになるお客様が増えて欲しいと思っています。

販売スタッフ J.Rさん
 商品を触って試していただけるから、良さが伝わりやすい。エレコムショップは、雑貨店のように目的を持たずにフラッと立ち寄るお客様が多くいます。だからいろいろな商品をゆっくりご覧いただけるように、声を掛けるタイミングにも気を配っています。接客のときに心掛けていることは、まずお客様の話を聞くこと。商品の説明をする前にお客様の要望をじっくり伺って、何を求めているかを理解してからフィットする商品を提案します。最近の人気商品は、家庭用EMS「エクリア_リーン」。店頭でお客様の腕などにパッドを貼って試していただき、身体を引き締めたい女性を中心に好評です。エレコムショップでは、どの商品も実際に触って試せるのが魅力。私の専門はイヤホンなので、「エクリア_リーン」に負けないくらい、多くのお客様に興味を持っていただけるよう頑張ります。※EMS機器とは電気刺激によって筋肉を収縮させる運動機器です。

販売スタッフA.Yさん
エレコムショップは、商品もスタッフの経歴もバラエティ豊か。私は大学で医療系のことを学び整骨院にも務めていたので、筋肉に関する知識などを活かして、主にESM商品の説明を担当しています。エレコム商品は多岐にわたるので、スタッフそれぞれが専門知識や経験を活かせるユニークな職場です。店内には様々なジャンルの商品が並んでいるため、お客様に「ここって何屋さん?」と聞かれても説明が難しくて‥‥。「とにかく入ってみてください!」と、店内に誘導しています。お客様が商品選びで迷っているときは、価格重視か、機能重視か、その中間か、を見極めていきます。お客様自身も何を求めているかがわかっていない場合もあるので、じっくり話しながら希望に合う商品を一緒に探します。ピタッとハマる商品が見つかって購入につながったときが、仕事をしていて最高に嬉しい瞬間ですね。