ELECOM RECRUITING 2018

内定者SESSION2016

田代 桃子さん

山目 悠貴さん

伊藤 芳さん

挑戦編

エレコムでの挑戦が、
私たちの成長になる。

田代入社したら、まず会社の皆さんに私の名前を覚えていただくことが目標!

伊藤最初はそこからスタートだよね。

田代どうしたらいいかな? バク転でもしようかな? 「バク転の田代」で覚えてもらえるかなあ?

伊藤さすがチア部リーダー。でもそこは普通、「仕事ができる田代」でしょ(笑)。

山目ボクはすぐにでも商品開発に携わりたい。実は大学の先輩がエレコムで開発をしていて、もう第一線でバリバリ活躍していらっしゃるんだ。だから、はやく追いつきたい。そのためにも、今は卒業制作に取り組みながら、アイデアをストックしているよ。周りのエレコムユーザーの声を聞くとか。ユーザーの不満をカタチで解決するのがデザイナーとしての使命だと思っているから。

一同かっこいい!

伊藤私は、商品陳列に役立てるためにインテリアコーディネートの本をチェックしたり、コミュニケーションのビジネス書を読んだりしてるよ。

田代そういえば、今までは何も考えずに見ていたディスプレーを気にするようになった。入社したら、右手にパソコン、左手にスマホでバリバリ仕事をしていきたいな。上司やお客様から何を質問されても「すでに手配済みです!」って答えられるようになりたい。

伊藤早くもモチベーション高すぎ(笑)。でもそれって理想だよね。私も周りの人から「やっぱり伊藤でなきゃ」と頼りにされるぐらいの営業になりたい。

山目本当にすぐにでも商品を手掛けたいよ。きっと挫折もあるだろうけれど、ボクは絶対に折れない。ずっと机上で考えているだけじゃなく、外に出て考えたいんだ。ユーザーやコンシューマーの不満や問題を解決するのが仕事だからね。

伊藤開発はそこが大切だよね。ただデザインがぶっとんでるだけじゃ、モノは売れない。

田代私たち営業が、お客様の不満を集めてくるよ。

山目それは助かる。リアルな声をちゃんと聞かないと、世離れした商品ができあがってしまうから。自己満足じゃ絶対にダメ。

一同うん、うん!

周りを巻き込む。先を予想する。
アイデアを研ぎ澄ます。

田代営業の仕事に大切なのは、コミュニケーションでしょ。実は私、けっこう臆病で、人に嫌がられると落ち込むタイプ。そこが、これからの課題だと思う。

伊藤それでも営業だから、話をしなければいけないよね。相手によって内容も違うからマニュアルもない。それをどう乗り越えていくか。どこまで自分の裁量で進めていくか。まだ全然見えていないけれど、責任の重大さは、もう感じ始めてる。

山目仕事は一人じゃできないからね。モノ作りもそう。極端にいえば、モノ作りは会社をパトロンにして自分の考えを世に送りだすことだと思うんだ。まず社内で上司へのプレゼンがあって、その了解を経て予算をもらって作りたいモノを実現する。でも社内には自分で説明できるけれど、お客様にはそうはいかない。だから、作る前に、営業サイドからのフィードバックや上司、先輩方からのアドバイスをもとに取捨選択し、よりアイデアを研ぎ澄ましていくこと。それが自分の成長のカギになると思うんだ。

田代私にとっての成長は周りを巻き込んでいくことだと思う。自ら仕掛けていく。自分の仕事に相手を巻き込んで、その回転力を強くしていけば、もっと多くの人を巻き込んでいくことができるでしょ。その数が増えれば増えるほど、私の成長だと思ってる。

伊藤私のイメージは、「伊藤がいると、なぜか仕事がうまくいく」と周りの人に感じていただけること。

山目縁の下の力持ち?

伊藤そう。お客様から言われる前に提案する。相手の行動を予想して先に動く。でも、それを相手に悟らせない。

田代忍者だ(笑)。

伊藤でもそうなるには、場数を踏んでいくしかないよ。経験の中で、失敗と成功を重ねながら学んでいく。

山目場数の量だけじゃなく、質も大切。

伊藤そう。失敗は、二度と繰り返さない。

山目ボクにとって目に見える成長は、商品への評価だと思う。デザイン賞や商品の売り上げとか。自分で作ったモノを世に送り出す以上は、その商品が人からどう思われるかを常に意識していきたいんだ。そして評価が大きくなれば、それが自分の成長だと思う。

もっと上へ。さらに次へ。
挑戦し続けることで成長できる。

田代挑戦したいことってある?

山目入社3年以内にデザイン賞を獲る。

伊藤あっ、言いきったよ!

山目その目標に向かってコンスタントに努力を続けること。止まることなく、常に進み続けていきたいんだ。

田代私は、営業で世界征服!

山目「バク転の田代」じゃなくて、「世界征服の田代」!

田代目指すは、エレコムの世界シェアNo.1!

山目たしかエレコムのクレドに「謙虚であれ」とあったはずだけど(笑)。

伊藤私の夢は、いつか自分の子どもが「お母さんはすごいことをやってるんだ」と誇りにできる仕事をすること。

一同パチパチパチ!(拍手)

伊藤エレコムは、社員数では中堅企業だけれど、商品数や市場シェアではすでに大企業だと思うんだ。もう充分っていう人がいるかもしれないけれど、まだまだ上を目指せる。どんなに大きな企業になっても必ず先がある。世界征服を達成できても、次は宇宙征服があるからね。

山目じゃあボクが、エレコムでビッグバンを起こしてやる!

田代山目くんがいい商品を生み出してくれれば、私がどんどん売ってくるよ!

山目田代さんに恥をかかせることのないように、営業の方々が自信をもって世界に提案できるモノ作りを目指すよ。

伊藤エレコムの同期に初めて会った時に、初対面の気まずさを全然感じなかったんだよね。多分みんなの心が同じ方向を向いているからだと思う。挑戦したい、成長したいって。いいライバルであるけれど、いい仲間でもある。負けたくないからこそ、助け合いたい。

田代切磋琢磨して成長していける存在かな。

山目なにより、イチバン信用し合える仲間でありたいね。

一同そうだね。