ELECOM RECRUITING 2018

内定者SESSION2015

岡田 英士さん

織田 英里さん

長谷川未果さん

出会い編

私たちを変えた、エレコムとの出会い。

織田みんなの就活はどうだった?私は周りがどんどん決まっていく中で、なかなか内定をもらえなくて焦りっぱなしだった。

岡田ボクは企業を絞って4社しか受けなかったんだ。絶対決める、自分は成功するって信念をもっていたから。まあ、それが折れそうな時もあったけれど。

織田たった4社?どうやって絞ったの?

岡田採用担当者の方の姿勢。採用に力を入れている企業は、必ずいい企業だと考えていたんだ。

長谷川私も就活を楽しめた。開発職希望だから、いろいろな企業で自分の作品を評価してもらえるし、自分の欠点も教えてもらえる。大学ではできない経験だったよ。

織田2人ともスゴイね!私は業界を特定しなかったから長引いたのかな…。

岡田就活は人生かかっているし、プレッシャーが大きいから。

長谷川もちろん最初は、今まで学んできた自分を否定されることに不安があったけれど、それさえだんだんと楽しむことができたんだ。

織田前向きだね!エレコムにエントリーしたのはどんな理由だったの?

岡田意識したのは、エレコムのイヤホンを買った時。付け心地がすごく良かった。よく見ると、前から使っているマウスもエレコムだった(笑)。

一同私も!

常識からはみ出していい!
その大きさが、私たちを惹きつけた。

織田実は、最初からエレコムを希望していたわけじゃなくて、エレコムの会社説明会に参加した友人から「おもしろい会社だよ!」と聞いて、興味をもったの。

岡田ボクも似ているかな。合同企業説明会のパンフレットに「注目の企業」とあったから参加してみた。

織田それで会社説明会に参加したら、私の所属している部の先輩がいらっしゃって!

岡田それって偶然?先輩に会うってスゴイね。ボクはエレコムブースに貼ってあった、でっかい「挑戦」ってポスターに惹かれたんだ。あれで第一志望が決まった!

織田あった!あった!はみ出しそうなくらいの大きな文字で!

岡田あんなに大きな文字で「挑戦」とある会社なら、はみ出してもいいんだ、これなら、自分の力を最大限に発揮できると思った。

長谷川熱い会社っていうのが、最初の印象。私はさっき話したスピーカーに惹かれて会社説明会に参加したんだけれど、葉田社長のお話も熱かったし、人事の方も真剣。デザイナーの方とお話する機会もあって、すごくやる気になった。

岡田エレコムの営業って、他とは違うよね。ただ売るだけじゃなくて、売り場の提案とか、ディスプレーを考えたりとか。そこがおもしろそうだと思ったよ。

織田普通と違うことをやりたい人が集まっている企業だなって。ここで揉まれたい、成長したいと思ったんだ。

もっと変えていく。もっと変われる。
エレコムは、その挑戦の舞台だ!

長谷川エントリーする時に、その企業のウエブサイトをチェックするよね。エレコムのウエブサイトはすごくクールでおしゃれなんだけれど、中身が違った。

織田そう!説明会は、すごく熱い。葉田社長が私たちはもちろん、その場にいる社員の方々に向かっても熱く語っていらっしゃる。チームワークがあるなあって。

一同わかるー!

岡田入社1~2年目の若手社員の方に、名指しで話していらっしゃったよね。大企業だと、トップが新人の名前や職場を覚えているのは滅多にないと思っていたから感動したよ。それに、すでにいろいろな製品を出し続けているにもかかわらず、葉田社長の「もっと変えていく。もっと変われる。常に挑戦だ」のお話で、自分もここで挑戦することで変われるんだって期待をもった。

長谷川学生時代のデザイン作品は、あくまで個人として創ったもの。でも、企業には、“売る”使命があるよね。それが、以前にはなかった考え。価値観が広がった気がする。

織田就活は、就職するためだけの活動じゃなくて、社会で働くという意味を学ぶ最初の活動なんだって感じた。いろいろな企業にエントリーしたおかげで、たくさんの人に会って、いろんな話を聞くことができたから、貴重な経験になったよ。

岡田1人1人、就活のやり方は違うと思う。でも、大切なのは、自分の考え、希望、能力、いろんな自分と客観的に向き合って活動すること。そうすると、自分の働きたい企業が必ず見えてくる。それは、大企業だからとか、給料がいいからとかじゃない。これから就活を始める方は、そこからスタートして欲しいと思う。

織田自分のことを知らないのに、未来の自分の姿なんてイメージできないからね。