グループシナジーを最大化し、
新たな市場開拓へ。

私たちエレコムグループは、創業以来、パソコンのマウスやキーボードといったPC周辺機器からヘルスケアの領域にまで事業を拡大しながら、常にチャレンジャーとして突き進んできました。その成果の一つとして、目標に掲げていたビリオンカンパニーへと成長を遂げましたが、それも私たちにとっては単なる通過点に過ぎません。まさに「これから」が本当の挑戦なのです。近年、BtoB(企業間取引)事業への本格参入に取り組んできたのもそのため。産業用組み込みコンピュータ(カスタムPC)を手がけるロジテック、産業機器向けストレージを得意とするハギワラソリューションズ、放送と通信の情報伝送機器を扱うDXアンテナ、さらには高度なセンシング技術を有するディー・クルー・テクノロジーズといった優れた企業をM&Aによって仲間に迎えることができました。グループシナジーを巻き起こし、AIやIoT、ITインフラを支えるエンベデッド分野など、提供できるソリューションは飛躍的に広がってきています。さらには、積極的な技術者の採用と、開発環境の整備も着実に進めています。安易な価格競争に乗るのではなく、BtoBにおいて独自の技術による圧倒的な差別化を図り、欧米を中心とした海外へ打って出る。世界を舞台に勝負ができるエレコムグループ独自のユニークで競争力のあるビジネスモデルが、出来つつあるのです。だからと言って満足することなく、更にそして「これから」という強い意志を持って進んでいきます。

オンリーワンの技術と、
飽くなき挑戦心で、
エレコムグループを
世界に誇るブランドに。

私たちエレコムグループは、創業以来、パソコンのマウスやキーボードといったPC周辺機器からヘルスケアの領域にまで事業を拡大しながら、常にチャレンジャーとして突き進んできました。その成果の一つとして、目標に掲げていたビリオンカンパニーへと成長を遂げましたが、それも私たちにとっては単なる通過点に過ぎません。まさに「これから」が本当の挑戦なのです。近年、BtoB(企業間取引)事業への本格参入に取り組んできたのもそのため。産業用組み込みコンピュータ(カスタムPC)を手がけるロジテック、産業機器向けストレージを得意とするハギワラソリューションズ、放送と通信の情報伝送機器を扱うDXアンテナ、さらには高度なセンシング技術を有するディー・クルー・テクノロジーズといった優れた企業をM&Aによって仲間に迎えることができました。グループシナジーを巻き起こし、AIやIoT、ITインフラを支えるエンベデッド分野など、提供できるソリューションは飛躍的に広がってきています。さらには、積極的な技術者の採用と、開発環境の整備も着実に進めています。安易な価格競争に乗るのではなく、BtoBにおいて独自の技術による圧倒的な差別化を図り、欧米を中心とした海外へ打って出る。世界を舞台に勝負ができるエレコムグループ独自のユニークで競争力のあるビジネスモデルが、出来つつあるのです。だからと言って満足することなく、更にそして「これから」という強い意志を持って進んでいきます。
CREDO
エレコムグループは、成長し続ける。
新たな機会、新たな領域に挑み続ける。
その中で、社員一人ひとりが、
誠実さ、謙虚さ、ひたむきな情熱を持ち、
互いに学び、努力し、挑戦し続けることが
個人の成長とともに会社の成長をうみだす。
エレコムグループの成長を通して、
より楽しく、より快適で、より創意工夫にあふれる
付加価値の高い製品・サービスを創りだし、
世界のお客様に、喜びを届けること。
社員一人ひとりが、自らの成長を感じ、
視野の拡がりと心の豊かさを得ること。
そのためにエレコムグループは存在するのだ。
クレドは当社の存在意義そのものであると同時に「採用の根幹を成すもの」であると考えています。言葉ひとつひとつに魂が込めらている感覚であり、いわゆる“言霊”、それがクレドです。
採用においても、「エレコムとの価値観の一致」つまり、クレドへの理解と共感を大切にしています。
行動指針
  • 正道を行く
    常に自らの心に問い、
    原理原則に立ち返る。
    人として正しく生きる。
  • 志を共有する
    エレコムグループの一員として、
    企業目的を理解し共有する。
    社員一人ひとりが
    力を合わせ、目標に挑む。
  • 成果を考える
    何をすればより良い
    成果が上がるのかを
    常に考え、
    優先順位をつけ行動する。
  • 気配りをする
    常に相手の状況、
    気持ちをおもんばかり
    気配りをすることで
    人に好かれよ。
  • 謙虚である
    常におごらず、
    真摯に、謙虚に生きる。