2007年入社

営業部
九州支店
支店長

成長スピードが加速するエレコムで
次々と新しい案件に挑戦。

立場が変わると仕事の見え方も変わる。

九州で量販営業を担当し、課長職を経て、今年の4月から九州支店の支店長を務めています。九州支店は、九州全土と沖縄が担当エリアなので、点在する営業所や店舗を巡って各地を飛び回っています。支店長は、九州支店全体のマネジメントをする立場なので、組織を指導することのやりがいと難しさの両面を感じています。自分の売り上げだけを考えて動くことは簡単ですが、組織となるとメンバーそれぞれに考え方が違いますから、それを理解したうえで、自主的に実績を上げられるように指導するのは、なかなか一筋縄ではいかないのが現実。だからこそ私自身も成長しなければならないと日々考えています。そのため組織マネジメントについての本を読むことは勿論のこと、外部セミナーにも積極的に出席するなどして勉強しているところです。
支店長になると、社内で関わる人たちも大きく変わりました。本社の調達・開発の営業部長や東京のMAなど、上層部の人たちに仕事の相談を持ちかけることもありますし、社長と接する機会もぐんと増えました。社長からはいつも叱咤激励をいただいて、緊張もしますが刺激のある毎日で、日々の仕事すべてが新鮮に感じています。

簡単には答えを教えない。
見守ることでメンバーを育てる。

私は営業時代、常に売り上げを意識して仕事をしていました。売上目標を達成するというゴールに到達するために、何をすべきかを常に考えて動くことが大切だと考えているからです。たくさんの商品を納品して売り場を確保するだけで満足していてはいけない。それが数字につながらなくては意味が無い。だからメンバーにも、一人ひとりが数字を意識して動くようにと言い続けています。
私がメンバーを指導するときに気をつけていたことは、解決策をすぐには教えないこと。私に何か質問するときも、「どうしたらいいですか?」ではなく「私はこうしたいのですが、どうでしょうか?」というように、自分の意見を言ってから聞いてきなさいと指導しています。上司の指示を待っていては、成長できないですから。正解を教える方が簡単ですが、たとえ失敗をしても自分なりの答えを見つけるまで見守るようにしています。この指導は、エレコムが求める人材像にも通ずるものがあると信じています。エレコムは数多くの商品を扱っているため、提案のチャンスも多く存在しています。だからこそ、主体的に動くことで自らチャンスを手繰り寄せることのできる人材に成長して欲しいと思っています。支店長となった今では、仕事のやり方をメンバーに対して直接的に指導することは敢えて控えています。それぞれの課のリーダー的存在がその役割を担うべきであり、そうした指導者を育て、九州支店を強い組織にすることが今の私の仕事だからです。支店長として就任後間もない組織ですが、それでも目に見えてメンバーは大きく成長しているように感じます。メンバー同士で話し合って、自分たちで答えを導けるようになってきました。そういう姿を見るのが嬉しいです。それぞれの課のリーダー的なメンバーには、後輩をサポートするようにと言っています。だから、仕事で悩んでいたらフォローするチームワークはできていると思います。メンバーでしょっちゅう飲みに行ったりもして、コミュニケーションはしっかりとっているようです。

法人営業に注力。
目標はソリューション提案による大型案件の獲得。

支店としての課題は、今年の4月から担当することになった法人営業で実績を上げることです。エレコムはM&Aで事業領域を広げていて、グループ会社もどんどん増えています。今年からDXアンテナ株式会社も加わり、通信システムを活用したソリューション提案もできるようになったので、監視カメラなどを活用した防災防犯といった分野の案件を拡げていきたいと考えています。葉田社長が「モノ売りではダメだ。コト売りになりなさい」とよくおっしゃるのですが、まさにその通りだと思っています。商品を売るだけでなく、サービスやシステムを含めた提案していくことが重要。会社の成長スピードが早く、営業案件も多岐にわたるようになっていくため、それに対応できる営業力と知識を強化していきたいです。
今年に入ってから、グループ会社や開発、営業企画の方々が福岡に来て勉強会を開いてくださる機会も増えて、全社をあげて大型案件の獲得に力を注ぐ体制が整ってきました。東京ではすでに結果を出しているようなので、九州も負けてられません。新しいソリューションを提案して大型案件を獲得できるようにしていきたいです。しかし大型案件は、提案してから決まるまでとても時間がかかります。だから短期・中期で実績が上がる案件も必要。大型案件にかかりきりになるわけにはいかない。そのバランスが難しいですね。九州支店全体で法人専任の担当者は5人なので、少ない人数でも実績を上げられるようにがんばっていきたいと思っています。目指すのは、全国ナンバーワンの支店。実績でも人材育成でもナンバーワンを目指します。

学生へのメッセージ

新入社員と話をすると、「メーカーの営業って、もっとスマートだと思っていました」とよく言います。エレコムの営業は、得意先へ商談したり、納品した商品の売り場のメンテナンスをしたり、結構泥臭い仕事が多い。けれどそうして獲得した一人ひとりの売り上げが、会社の実績になるのです。自分が会社の収益の一端を担っているという重みを自覚できるようになれば、自然と責任感が芽生え、仕事にやりがいが感じられるようになると思います。「自分の働きで、会社をもっと大きくしてやる!」それくらいの意気込みで営業をして欲しい。実績を積み重ねてステップアップしていけば様々な責任あるステージにチャレンジできる。そんなエレコムで自分の可能性に挑戦してください。

×

エントリーはこちら