2017年入社

量販営業部
量販東関東支店 量販東関東営業2課

社内のバックアップが手厚い。
営業先では一人でも、チームの支えを常に感じる。

悩みを共有し、支えてくれる人がいる。

私は量販のエリア営業として、主に千葉県を担当しています。家電量販店を訪問して、新商品の提案や店舗がよりよくなる改善されるように売り場のメンテナンスや提案などを行うのが主な仕事です。担当者とコミュニケーションを密に取るように心がけ、店舗の問題点や悩みをお聞きして売り場の改善に努めています。実際に仕事を始めて驚いたのは、店舗での商談と活動量の多さ! 入社する前は、営業といっても社内でパソコンに向かう事務作業や商談が、仕事の半分くらいを占めるのかと勝手に思いこんでいました。ところがエレコムは新商品が多いので実際は、店舗で商品の納品確認をしたり、売り場のレイアウトなど売れる仕組みを提案したりと、毎日得意先に足を運んでやることがたくさんあります。最初は決められた時間内で仕事を終わらせるようにスケジュール管理することが、思った以上に難しくて苦戦しました。計画通りに作業をこなせるようになるまで、試行錯誤の繰り返しでしたね。そんな私を助けてくれたのがチームの先輩方。エレコムには、尊敬できる先輩が多く、わからないことがあってもすぐに話を聞いていただけるので心強かったです。困ったときにも相談しやすい雰囲気で、とても働きやすいと感じています。違う部署の方でも気軽に話しかけてくださり、アドバイスをいただけるんですよね。活気ある社内環境には、今現在もモチベーションアップという点でも大いに助けられています。

お客様に喜んでいただけることが、仕事の励み。

これまでで一番印象に残っているのは、課長の同行営業から、一人での営業に切り替わったときのこと。やるべきことを把握してスケジュール管理し、自分の判断で行動しなければいけないので、最初は不安でいっぱいでした。店舗の担当者とコミュニケーションを取ることにも苦労して、とにかく必死の毎日。色々自分なりに工夫をして実践はしてみるものの、なかなか結果には結びつきません。上司に悩みを相談したら、社内ミーティングのときに、どうすれば効率よくこなせるかを話し合う時間を設けてくださったこともあります。一方的な指導ではなく、「どうすればいいと思う?」と私の意見を聞いたうえでアドバイスをいただけたのもありがたかったですね、まずは自分で考える習慣が少しずつでもついてきたように思えます。そうした支えがあったから、ここまで成長できたのだと思います。今も、課長や先輩など多くの方々にフォローしていただき、アドバイスを受けながら、営業に取り組んでいます。
苦労や悩みもありますが、自分の行動によって売り場が良くなって、担当者に感謝されたときのうれしさは、学生時代には味わえなかったもの。担当者に信頼していただけるようになることが、仕事の励みになります。何よりやりがいを感じるのは、自分の提案によって店舗の売り上げがアップしたときです。営業は、自分の働きが数字として明確に現れるので、達成感が大きいように思います。

仕事もプライベートな時間も、アクティブに挑む。

現在の目標は、私が担当しているすべての店舗で、前年を超える売り上げを達成すること。さらに、担当している店舗の一番店(担当エリアで一番売上が大きいお店)の売り上げを全国1位にすることです。営業である限りは1番を狙いたい!ライバルは、沢山いますが、だからこそやり遂げたいと思います。もちろん一人の力では難しいこともあると思います。社内の人たちのバックアップなしに、仕事を進めることはできません。だから、他部署の人にも名前を覚えてもらって、いろんな方から仕事の話を聞くように心掛けています。日々勉強ですね。
休日は必ず出かけるようにしていて、プライベートな時間も充実させています。休みの日に、会社の人とバーベキューをしたり、遊びにいったりすることもありますね。ONとOFFの切り替えがしっかりできていて、両方楽しんじゃう!エレコムの良さってこういうところにもあると思いますよ。
もうすぐ入社2年目。少しずつ仕事にも慣れ、店舗の担当者ともいい関係性を築けるようになってきました。これからが私の真骨頂!営業としての力をつけて売り上げに貢献できるようになりたいです。

学生へのメッセージ

社会人になったばかりの頃は、わからないことが多く、仕事に慣れるまでは大変なこともあると思います。でもこの仕事は、自分の提案が採用されたときや自分の働きに感謝の言葉をもらえたときのやりがいは大きく、とても楽しいです。エレコムは社内に活気があり、頼れる先輩がたくさんいて、みんながサポートしてくださるので、いろんなことに挑戦できます。仕事もプライベートも充実させたい! というやる気のある人に、ぴったりの会社だと思います。ぜひ、一緒に楽しく働きましょう。

×

エントリーはこちら