ELECOM RECRUITING 2017

ボストンキャリアフォーラム入社先輩社員インタビュー

日本国内での「当たり前」がない、
試行錯誤の毎日が自分を作り上げる。

 海外営業の一番のやりがいはすべて自身で作り上げるという点です。海外営業では何もない状態から未開の地に飛び込み、自身で開拓していくという楽しさがあります。
 国内では容易だったセルアウト等のデータが、海外では本部や店頭でヒアリングを行い、データ集計、精査とアナログな作業が多い。各国で見つけたパートナー、代理店と取組を行い、各市場に合った商品、販売方法や形態、普及価格帯など開拓を続けています。
 各国々で文化も違えば豊かさも違うなか、己で戦略を立てて施策し、成果に結びついたときの喜びは甚大で一番のやりがいです。

濵口 和也

海外営業部 海外第1支店海外第1営業2課

担当エリア
シンガポール、マレーシア、インドネシア、ブルネイ

エレコムとの出会い

 ボストンキャリアフォーラム参加企業の1社にエレコムがありました。「名前は聞いたことあるけどどんな会社?」が所感でした。アメリカの量販店では目にしないエレコムですが、日本から持ってきた所持品にはエレコム製品が沢山ありました。
 「日本を世界へ」という気持ちが私の就職活動のテーマでしたので、日本の文化や製品をより多くの人に知ってもらえる仕事に就きたいと考えていました。
 ボストンキャリアフォーラムでは葉田社長から会社・事業説明があり、海外への取り組みに対する熱い思いが伝わりました。
その中で、アジア、ヨーロッパと進出を続けているが、2歩進んで1歩後退という状況で北米はまだ進出できていない事実を知り、「俺がやってやる!」という思いから入社を決めました。

WEEK SCHEDULE

MONDAY
関西国際空港よりシンガポールへ出発。
現地到着後、TH社とイベント打ち合わせの後、ジャカルタへ移動。
TUESDAY
午前:現地営業とMTGを行う。
午後:Aモール新店の施工状況を施工業者と共に確認、翌日の搬入スケジュールの打ち合わせ、帰社し搬入準備。
WEDNESDAY
現地営業、代理店の営業と共に搬入、陳列、販促作業。オープン前の最終チェックの後、代理店幹部と会食。
THURSDAY
午前:Aモール1号店オープンの視察、Aモール関係者へお祝いの挨拶回り。
午後:他のモールへ市場調査、出店候補地の視察。
FRIDAY
ジャカルタからシンガポールへ移動。
SATURDAY
午前:現地営業MTG、日本国内で抽出しきれていない問題、課題などのヒアリング、対策の検討。
午後:シンガポール大手量販店の本部商談、新商品、販売施策の提案。
SUNDAY
直営ショップへ訪問:店長はじめ、販売員へ商品知識のトレーニング。
店頭での新商品の展開方法、販促を共有し、反映。

【心がけていること】

何事もそうですが、海外出張は特に事前にどれだけ準備しているかで成果が大きく変わります。
空き時間は町の空気感や人々の消費行動を見るのに使ってます。