ELECOM RECRUITING 2017

エレコム「変化」のちから。

営業力

勝つための、努力を惜しまない。
目標があるから、
会社も社員も成長できる。

常務取締役 営業部 部長
柴田 幸生

エレコム社員の成長スピードは、なぜ、ずば抜けて速いのか。

 当社の強みは、まず幅広い商品のラインナップがあり、その中からお客様に最適な商品をセレクトして提案できる点にあります。私たちが売りたい商品を売るのではなく、お客様のニーズやメリットを発見し、提案する。常に顧客志向であることが、当社の営業戦略なのです。
 これだけ幅広い商品ラインナップを揃えている理由は、当社のシステムにあります。まず顧客のニーズがあり、それに応える商品を開発する。そこに、営業担当者が新たなニーズを発見し、開発にフィードバック。さらに次の商品を市場に提案する。「こんなソリューションができないか」というニーズがあれば、当社が積み重ねてきたノウハウをもとにモノとコトを組み合わせて新しく提案する。完成したビジネスモデルは、チャネルをスライドさせて市場を展開させていく。そこからまた、新しいビジネスチャンスが生まれます。営業と開発、調達がナレッジを共有し、相乗効果を生み出していくのです。
 当社の営業社員の成長スピードは、ずば抜けて速い。それは、会社の成長スピードが速いからです。商品が増える。チャネルが増える。売上も増える。仕事をどんどん任せていく。このスピードが、エレコムの成長の源泉なのです。

負ける悔しさから生まれた努力が、更なる成長へと導く。

 私たちは、あらゆる商品カテゴリーにおいて日本のマーケットリーダーを目指しています。パソコンラックでトップを目指し、IOデバイスでトップとなったこれまでも、さらにこれからも、新しい分野に挑戦する。例えば、オーディオ分野に進出した時は、周囲から無謀だといわれました。しかし今では、国内のハイレゾ対応のイヤホンの分野で売り上げ台数No.1を達成しています。商品カテゴリーごとに、市場ニーズに合わせて売れる要素を加え、提案力を磨いていく。それが、我々のビジネスモデルです。グローバルにおいても基本戦略は同じです。現在、海外直営ショップ展開を推進しながら、国ごとの特性やニーズを把握し、組織力を強化。その国ごとにシェアとブランドを確立し、周辺国へ展開していく予定です。
 私たちの仕事に必要なのは、負けたくないという意志です。だからこそ、学び、吸収し、実践し、スキルを磨く。現状維持でよいという考えでは、当社のスピードについていけません。負けて悔しいことがわかっている人は、次から負けないように努力し、自ら成長を目指していくはずです。当社へエントリーするにあたって、まずエレコムの考え方、行動、社風を知ってください。当社の商品、社員を好きになって欲しいと思います。その上で、私たちのクレドに共感していただける方と出会えることに期待しています。